2015年09月26日

こんな時だからこそ/かみふる

平成27年度受験者の皆様、お疲れ様でした。
平成28年度受験予定の皆様、こんにちは。
平成28年度受験向けの総合本科生コースも始まり、受講生の皆様はワクワク、平成27年度受験者の皆様は合格発表日までドキドキ・・・でしょうか。

この時期はいつも自習室で勉強している人が試験前と比べ少ないことと、試験後に直ぐに勉強に取りかかる自分の姿を想像すると残念感満点に感じてしまい悲しくなってしまったこともあります(実際は、他人はそんなに自分に関心がないので気にすることはない)。
私は、所謂“足切り”にて複数回の受験を経て合格に至ったのですが、速習本科生で挑んだ初の本試験。自身の怠慢も重なり、本試験を終えた後の感想は「勉強不足」でした。
あの頃、一緒に勉強していた総合本科生の友人達は、基本テキストを1科目2時間で読み上げる、過去問1科目1年分を15分で解答を全て書き上げる・・・スピードで段違いでした。
決して、速読・速記のスキルが求められるものではありませんし、必要ではないと考えますが、最終段階の一例として私自身の達しなければならない姿としてイメージすることができて良かったと思っております。

初受験後、合格発表を待つまでもなく、次年度合格を向け始動しなければならないと考え行動したことと言えば、前述の通り「過去問1科目1年分を15分」を達成すべく、『(解答15分+答え合せ10分)×5年=約2時間、その後2時間で基本テキストを読む』を1日1科目で、第一週は労働関係科目、第二週社会保険関係科目を回す・・・と(当時過去問集は5年分収録でした)。
最初はただただ解答例を覚えているだけのような、テキストも読んでも意味がないようなそんな自分の行動に不安を感じておりましたが、3回転を終えたあたりで明らかに変化を体感できる様になってきており、今でもあの合格発表までの時間が、合格するまでの欠かせない時間だったとはっきり言えます。

今年初めて受験・受講される方は、講師の先生及びカリキュラムを信じて復習を大切に、平成27年度受験者の皆様は、そのドキドキが合格の予感か残念な結果の予感かわかりませんが、ご自身がイメージする結果に大きく間違いはないと考えます。
この一年をウンザリ感じる事も少なくないと感じますが、あっという間でもあります。
今やれること・・・それぞれの出来ることを同じ社会保険労務士試験合格という一つの目標に向かって一生懸命やって、次の景色を一緒に見たいですね。

皆さん、がんばりましょうね!!

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 2009年合格 「かみふる」からのメッセージ | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

ご飯何にする/かみふる

「かみふる、朝ご飯、昼ご飯は何にする?」
う〜ん、ハンバーガーにしましょうか?

いえいえ、普段の何気ない会話をこの場で取り上げたいのではありません。
社会保険労務士試験本試験当日の昼食は何にするか決めてますか?

初めての受験の頃、気を遣って声を掛けてくれたTAC生の先輩のストイックな自己管理に、自分の甘さを痛感しショックだったことは、今でも良い経験として活かしております。
眠くなるといけないから食べ過ぎないように抑えめに。
お腹の調子が崩れたり、途中でトイレに行きたくなって時間を必要以上に消費してはいけないから、飲み物は・・・。

私は「ゼリー2パックとクッキー系の補助食品1つと500ミリリットルのお茶」にしました。
当日の朝食や昼食で成績が大きく左右されるとは限りませんが、予め決めておいて楽だったなと思い返すこともしばしば。

特に決めていない方や、少し迷われていらっしゃる方は、ご参考にしていただけたら幸いです。


posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 2009年合格 「かみふる」からのメッセージ | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

労働関係一般常識が苦手でした/かみふる

平成27年5月15日の閣議後、厚生労働大臣が、従業員に過酷な労働を強いる企業対策を正式発表しました。
『従業員の違法な長時間労働で、年3回是正勧告を受けた大企業の社名を公表する』と。
そしてそして、『国際標準化機構(ISO)は2016年秋にも、企業などが労働者の健康と安全を確保できる体制を持つことを認証する国際規格「ISO45001」を新設する』、と。
欧州企業をはじめ、世界的に労働環境の改善を重視する傾向が強まっておるようで、認証自体に法的な強制力はなくとも、日本の企業でも認証を取得することの意味は大きいと考えます。

平成22年の受験申込者数をピークに少しばかり受験者数が減少しておるようですが、これから社会保険労務士が必要とされる場面はより多くなりそうです。

労働条件の相談とは労働基準法に留まりません。
自分も非常に苦手であった「労務管理その他の労働に関する一般常識」。
実は、3号業務でこれが大いに役に立っているんです(相談いただく機会が少なくないんです)。

では、試験勉強で掘り下げる必要があるかと言ったら、テキストで充分と考えます(勿論、余力がある人はガンガンここらも掘り下げてみる余地はあるのでしょうが、そこらへんは講師の先生に相談しつつご判断願います)。
この部分は改正されることも多く、苦手意識が非常に高いのですが、目的条文を理解し記憶しておくことで、困ったときの最終判断に役立ったことが少なくありません。
苦手意識の克服には繋がらないかもしれませんが、試験勉強のみを考えて詰め込もうとすると、とてもじゃないが合格するイメージが湧かなくなった自分を思い出しました。

是非是非ソフトタッチな気持ちで目的条文を理解し法律の趣旨を掴んでいただき、ご自身の暗記の時期に暗記すべき部分を詰め込めば合格も・・・。

夏の暑さと、皆さんの熱さに負けぬよう、わたしもがんばります!!

みなさん、がんばりましょうね!!

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 2009年合格 「かみふる」からのメッセージ | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

在職老齢年金・低在老/かみふる

いよいよ夏が来ましたね。

今年は、税理士試験が例年と比べ少し遅いタイミングのようです。

毎年、社会保険労務士試験直前の追い込みの時期は、税理士、会計士の試験は既に終わっており、自習をしているのが一気に減り、ちょっぴり寂しい気持ちになっていたものですが、今年は暑い夏になりそうですね。
税理士試験受験生のがんばる姿も見ながらお互いに良い結果を出しましょうね。

さてさて。試験勉強で得た知識は、実際の仕事でも至る所で活かせます。
今日はそんな中から一つご紹介。

在職老齢年金・低在老の支給停止基準額の算出式(月額)。
(条文は「×12」で年額です。)

(1)基本月額:28万円以下 総報酬月額相当額:47万円以下
  → (総報酬月額+基礎月額−28万円)×1/2

(2)基本月額:28万円以下 総報酬月額相当額:47万円超
  → (47万円+基礎月額−28万円)×1/2+総報酬月額−47万円

(3)基本月額:28万円超 総報酬月額相当額:47万円以下
  → 総報酬月額×1/2

(4)基本月額:28万円超 総報酬月額相当額:47万円超
  → 47万円×1/2+総報酬月額−47万円

高齢の労働者が増えた昨今、大まかな見込み額をその場で求められることが増えました。

TACでは先生方が図示して説明してくれたことと思いますが、いかがですか?

最初、自分はこの算出式をそのまま暗記していた為、答練や模試等では自分の回答に不安でした。
しかし、図示してもらえたことで、答練や模試等(本試験で出題されたか記憶にありませんが)では、寧ろ出題されることを願ったものです。

まだ理解に不安がある場合には、ぜひ先生または受講生仲間に聞いて不安を払拭して下さいね。
仕事でもそのまま使えます。
社会保険労務士になれば、この算出式に触れる機会も増えますよ!!

苦しい時期でしょうが、一緒にがんばりましょうね!!

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 2009年合格 「かみふる」からのメッセージ | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

夏の入口/かみふる

オプション講座[横断セミナー]が実施されている、そんな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

一通りの講義が終了し、これから連続で行われる答練・・・。夏が近くに来ましたね!!

連休であったり、講義が一呼吸つく隙間があると、不思議なくらいネガティヴな声が心を揺さぶりませんか?

自分はめちゃくちゃ揺さぶられた記憶が蘇ります・・・、いや、今も揺さぶられてます。

揺さぶられない人間が一回で合格する・・・。
そうかもしれません。

でも、そんな人ばかりでもありません。
諦めなければ必ず社会保険労務士試験に合格できます。

これからの答練での成績の善し悪しで、一緒に勉強する仲間をプレッシャーに感じる事もあるかもしれません。

その頃、自分には「みんなでボーダーを越えたらいいな」とそんな気持ちを伝えてくれた仲間がいました。
自分以外の合格を本当に嬉しく思えるのかな?なんて思っていた自分がいたことも思い出します。

試験に合格することが一番大事ですが、こんな関係も試験勉強を通して得た財産。
試験勉強を「楽しめ」なんて自分からはみなさんに軽々しく口には出来ません(自分は結構苦しかったので)。
が、合格する人は実際「楽しんでいた」かは定かでありませんが、少なからず「楽しそう」に見えました。

受験されない人とは違う時間の使い方をするんですから、楽しい(社会保険労務士試験に合格する)イメージで、夏の入り口を踏ん張って行きましょうね!!

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☔| 2009年合格 「かみふる」からのメッセージ | 更新情報をチェックする