2017年08月14日

合格祈願(岩津天神にて)

8月14日(日)に、岡崎市の岩津天神に合格祈願に行って参りました。
受験生のみなさん、今が一番大変なときだと思います。心から応援しております。
ご利益がありますように。

また、私は来週、静岡県の見付天神にお参りに行く予定です。お参りの様子は、またこのブログにアップさせて頂こうと思います。
受験生のみなさん、体調に気を付けて、最後の山場を乗り切りましょう!

写真2.JPG

写真1.JPG

写真3.JPG

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 講師Iの日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

答練・模試の復習

答練期真っ只中ですが、答練・模試の自己採点の結果から、「正直もう見たくない、振り返りたくない」と思っている受験生もいらっしゃると思います。
でも、復習から決して逃げないで下さいね。
何故なら、答練・模試の問題は、TACが今年の本試験を想定して研究し、作成したものですから。
問題も、解説も無駄にするのはもったいないですし、復習しなかったら、それは本試験での不安に繋がりますよ。
確実な復習で、本試験での自信に繋げましょう。

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 講師Iの日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

試験までの3か月

本試験まで残り3ヶ月となりました。
皆さん自分なりの計画を立てて勉強に取り組んでいることと思います。
この時期から心配なのは、勉強の成果が模試や答練で表れない、勉強時間が割かれるようなトラブルが起きた等で勉強意欲をなくし、立て直せない状況に陥ってしまう危険があることです。
残り3か月といっても、まだ3か月もあります。勉強の成果が出ないこともあるし、仕事やプライベートでトラブルの一つや二つ生じます。

ちなみに私が受験生のときは、この時期に体調不良を起こし、それでも無理してTACの自習室に行こうとしたら、なんと名古屋駅で倒れ、当時一人暮らしをしていたのですが、勉強道具一切ない状態で親に実家に連れて行かれたため、体調回復するまでの2週間全く勉強しませんでした。
「今年は諦めてもいいいんじゃない」という悪魔のささやきと葛藤しながら、2週間ぶりに恐る恐るTACに行ったところ、自然とまた勉強意欲を取り戻すことができたので良かったのですが。

皆さんも、本試験までに勉強意欲なくすようなことがあったとしても、諦めることなくTACやこのブログに戻ってきてくださいね。

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☀| 講師Iの日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ハラスメントにならない言動例

妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントの防止措置に関し、本日はハラスメントには該当しない言動例をご紹介します。

・業務状況を考えて、上司が「次の妊婦検診はこの日は避けてほしいが調整できるか」と確認すること。(調整を強要しない場合に限る。)
・上司・同僚が「妊婦には負担が大きいだろうから、もう少し楽な業務にかわってはどうか」と配慮すること。

このような業務上の必要性に基づく言動は、ハラスメントには該当しないということですね。

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 講師Iの日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

ハラスメントとなる言動例

2017年1月1日施行で、妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントの防止措置を講じることが事業主に義務付けられたことは、ご存知の方も多いと思いますが、厚生労働省から出ているパンフレットに、ハラスメントに該当する言動の例、該当しない言動の例が出ていましたので、本日は該当する例をご紹介します。

・上司がハラスメント行為者となる例
 時間外労働の免除について上司に相談したところ、「次の査定の際は昇進しないと思え」と言われた。
→これは制度の利用を請求したことによる不利益な取り扱いを示唆しています。

・上司・同僚がハラスメント行為者となる例
 上司・同僚が「自分だけ短時間勤務をしているなんて周りを考えていない。迷惑だ。」と繰り返し又は継続的に言い、就業をする上で看過できない程度の支障が生じる状況となっている。
→これは制度を利用したことによる嫌がらせです。

このようなハラスメントは許されないものであり、労働者の能力発揮に妨げになるため、
防止対策が事業主に義務付けられたというわけですね。

posted by 講師 at 23:00| 愛知 ☁| 講師Iの日記 | 更新情報をチェックする